スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

PurpleSoftware 1st. Live レポート

ディファ有明で開催された、
PurpleSoftware 1st. Liveのレポートです。


purple1st_2.jpg


物販の待機列形成が11:45からスタートということで、
その時間にディファ有明到着。



物販の様子はこんな感じです。
OVERDRIVEと合同で開催された夏のイベントの時とほぼ変わらずです。
物販はこのライブを手掛けているbambooさんが仕切っていました。
purple1st_1.jpg


・購入物
ハピメアライブもふもふブランケット
1st.ライブTシャツ(グレー)
1st.ライブタオル
1st.ライブタオルホルダー

ブランケットは家に帰ってきてから使っていますが、
手触りが良くて、700mm x 1000mmとかなり大きめですが、3000円でなかなか安かったです。
ちなみにライブグッズは1/5まで通販が行われているのでまだ買えます(宣伝)。



物販ではガチャも行われました。
ガチャは1回並ぶ毎に4回までで、2周しました。

結果は写真の通りです。
ラバーストラップは1つダブりがありましたが、トレードに成功して弥生以外は揃いました。
缶バッジはダブりましたがトレードならず。
purple1st_4.jpg



物販で買い終わったのが13:00だったので、豊洲に行って暇潰しして、
いよいよ15:00の開場となりました。

プレミアムエリア(150人)→一般エリア(450人)→立ち見エリア(550人)の順で入場。
私の番号は一般エリアの中で中盤あたりの350番台でした。



会場はこのような感じで、前に座席、後ろに立ち席があり、真ん中には花道があります。

舞台は、ハピメアのお茶会の部屋をイメージしたセットとなっており、
中央には作中に出てくる物と似ているテーブルと椅子、左右には扉と窓、
床には薔薇が配置されていました。

また、後ろにはハピメアの立ち絵と今回描き下ろしの杏奈と舞亜のポップが立っていました。




開場から開演までの間、
スクリーンにはPurplesoftware歴代タイトルのデモムービーが流されていました。
デモムービーが流れる度に観客からは歓声が。
特に人気のある作品については一際大きな歓声が上がっていました。

また、開演前には舞亜による注意事項の説明がありました。



そして16:00、いよいよ開演!
今回は座席があったため、セットリストなどをメモしながら見ていました。

まず最初にMCの荻原秀樹さんが登場。
かっこいい感じの登場でしたが、会場からは笑いがw

前説的な感じでライブの簡単な説明などがありました。


橋本みゆきさんが登場し、演奏スタートです。
1. 夢の無限回廊(ハピメア OP)
2. Confession(まじぷり OP)



ADVパート(有栖と舞亜の掛け合い)
曲間ではハピメアをベースとしたADVパートがありました。


浅葉リオさん登場(?)
3. 愛奴の小径(ハピメア ED)
4. 永続的恋愛理論(ハピメア -Fragmentation Dream- ED)
5. 未来図(未来ノスタルジア ED)


顔出しNGのため、上手にある窓のセットの裏で歌唱という形で、
シルエットが見えるという感じでした。
私は右の方に座っており、セットは左斜め向きだったので見づらかったです。

未来図は事前に公開されていた楽曲リストの中になぜか含まれていなかったので、
喜んでいるファンの方が多かったです。


ここで、石川社長と荻さんのトーク。
Purplesoftwareについて色々。


ADVパート(景子と有栖の掛け合い)


青葉りんごさん登場
6. Dream(ハピメア キャラクターソング)
橋本みゆきさん登場
7. 幻想楼閣(ハピメア -Fragmentation Dream- OP)

幻想楼閣は橋本みゆきと青葉りんごのデュエットという形でした。


ADVパート(明日君の明日香と景子の掛け合い)


8. L(あると OP)
9. White Crystal(メモリア OP)
10. 恋桜(春色桜瀬 OP)
11. TIME(明日の君と逢うために OP)


ここのパートでは懐かしい作品の楽曲が続きました。
どの曲も非常に人気の高い曲ですね。
野球で言ったら3番から6番まで任せられる曲のラインナップですよ。


ADVパート(みらノスの杏奈と明日香の掛け合い)

杏奈、七海、弥生の声優被りネタが面白かったです。


12. 未来ノスタルジア(未来ノスタルジア OP)
13. 青空の約束(初恋サクラメント OP)
14. 秋色(秋色恋華 OP)



アンコール
15. 5分前の恋心(クロノクロック OP)

アンコールでは来年発売のクロノクロックのOPが初公開。
スクリーンにはデモムービーも流れていました。

前作ハピメアFDのOP幻想楼閣と同じく、
歌:橋本みゆき、作詞:石川泰、作曲・編曲:田中俊裕
という面々ですが、曲調は明るい感じです。



終演後は出口で、以前無料配布していたクロノクロックのクリアファイル、
それから今回のライブのために描き下ろされた舞亜のイラストと、
5分前の恋心のショートバージョンのQRコードが付いた厚めのペーパーが配られました。

ライブ前のニコ生によると、
今回のライブは電子チケットが利用されていたため、何か形に残る物をということでの配布だそうです。



最後に感想

良かったところ
・セットは雰囲気が出ていた
・開演前のデモムービー
→懐かしさを感じられるし、かなり開演に向けて気持ちが高まった
・作品の垣根を越えた曲中の掛け合い
→明日香が出てきたのは良かった
・セットリスト
→全体的に盛り上がる曲で構成されていて1stライブとしてはいいセトリだと思った
 2ndではバラードパートみたいなのがあるでしょう
・見た限り厄介がいなかった(立ちの状況はあまりわからないんですが)
→度を超して騒いでる人は全然いなかった

悪かったところ
・ガチャの景品に明らかに偏りがあった
→同一キャラではなく、サインの当たりと、缶バッジとラバーストラップの偏り
・スモーク焚きすぎ?
→開演前の20分ぐらいずっと焚いていたような気がするんですが、息苦しそうにしていた人がいた
・アンコールの段取り
→最後のADVパートでクロクロOP唄うとはっきり言っていたにもかかわらず、
 秋色の後で暗転して、これ今アンコールなのか?的な雰囲気が流れていた

難しいところ
・前が椅子だったので、ちょっと盛り上がりに欠けていた感があった
・ほぼ全曲セットリスト事前公開
→予習しやすいけど、サプライズ感がなくなる。個人的には半分ぐらいがいい

個人的な希望
・Tシャツの柄でもロングTシャツ作ってほしかった
・缶バッジとラバーストラップのガチャは別がよかった
・プレミアムエリアの人数をもっと多くして欲しかった
・Ritaさんにも出演して欲しかった
・『ナツかしき記憶』聴きたかった


2ndライブが開催されることを期待しつつ、レポート終わりです。
関連記事
2014年12月29日 | イベントレポート | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。