スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

シルヴァリオ ヴェンデッタ【5/10更新】 祝・Dies iraeアニメ化プロジェクト3000万円達成!

『シルヴァリオ ヴェンデッタ』応援中!
シルヴァリオ ヴェンデッタ 初回版
light (ライト)

発売日:2015/02/27
対象期間:2015/02/27~2015/03/20~2015/05/10



2015/05/10
発売から2ヶ月半経過も販売価格は下がらず、それと『Dies irae』アニメ化について。


発売から2ヶ月半近くが経過しましたが、販売価格が下がりません。
一時は6680円まで下落しましたが、再び値下がりして現在は7380円です。

一方、買取価格はやや落ち着きを見せており、
最高値が6000円でしたが、一旦は4800円まで下落し、
現在は反動で少し値上がり5000円となっています。
今後は買取価格に合わせて販売価格も下がってくるのではないかと思います。


機械学習による予測については、
学習データに高額作品のデータが非常に少ないため、正直まともな予測ができていないです。
それでも今後約20日間は7000円で安定の予測が出ていますね。



さてさて、lightといえば4/24に発表された『Dies irae』のアニメ化プロジェクトについてです。
昨日始まった3000万円を目標としたクラウドファンディングですが、
既に3200万円を超え、現在は3300万円が集まっています。

かなりの高額なので、個人的には集まるのかなと疑問に感じていましたが、
そんな不安を吹き飛ばし、初日だけで目標金額が集まりましたね。
これからの『Dies irae』本編の価格変動にも注目です。

あとはアニメをしっかりつくってもらって、第二次怒りの日事件が起きないことを祈るばかりです・・・。


平均販売価格:6998円 平均買取価格:5439円







2015/03/20

先月発売されましたlightの新作です。
昏式龍也ラインの作品で、
原画は『Electro Arms』から引き続いて夕薙と、
エロゲの原画はすたじおみりすの『いただきじゃんがりあんR』以来、10年ぶりとなるKeGが担当しています。


価格ですが、発売以降右肩上がりに値上がりが続いています。
発売日の初動は6280円/5100円と標準的でしたが、
その後100円、200円の小幅な値上がりを繰り返し、現在は7280円/6000円まで上昇しています。


2月の上がり目として、先日『サノバウィッチ』を紹介しましたが、
本作も負けず劣らずの高評価で、批評空間では年間TOP5水準の得点となる、
中央値/平均値=85点/82点が付けられています。

正田崇ラインの作品にこの点数が付くのは納得なところなんですが、
昏式龍也ラインの作品でここまで高得点が付いたのは少し驚きでした。
このまま2ライン共に、高評価な作品を輩出し続けられればブランド的にも安泰なのではないしょうか。



さてlightといえば、先週の土曜日に『Happy light Live ~THE GREAT 15th~』が開催されました。
公式サイトにて、セットリストが公開されています。
新しめの曲だけでなく、昔の曲も演奏されていて、
ライブタイトルに「THE GREAT 15th」を冠しているだけのことはあるなと思いました。
ライブでしか聴けないであろうカバーもかなりあったようで。
映像化も決定しているそうで楽しみです。


関連記事
2015年05月10日 | light | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。