スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

フェアリーテイル・レクイエム / 月末にセット作品発売を控え値下がり中

4560103850743_a.jpg

2016/12/08
12/22に本作とFDの『フェアリーテイル・アンコール』が収録された、
『フェアリーテイル・シンフォニー』が発売予定です。
それに伴い、本作の値下がりが加速しています。


久々の更新なので、最初から価格推移を振り返ると、
発売後は値上がりを1度乗り越え、2015年12月上旬に3880円/2400円まで下落しました。
その後は高値に移行し、今年の夏まで5000円台が続きました。

夏からは値下がり傾向に入り、
9月下旬に『フェアリーテイル・シンフォニー』が発表されると、
値下がりのペースがさらに加速して、現在3780円/2700円まで下落が進んでいます。


他店の買取価格はソフマップは既に2000円まで下落していますが、
トレーダー、紙風船はまだ3200円です。売る予定の方はお早めに。



平均販売価格:5112円 平均買取価格:3234円
   発売日:2015/07/24
  対象期間:2015/07/24~2015/08/26~2016/12/08







2015/08/26

先月発売された、ライアーソフトの新作です。
2009年に発売された『白光のヴァルーシア』以来、6年ぶりとなる大石竜子原画の新作です。


発売から1ヶ月経っての価格ですが、そこそこの値下がりを見せています。

発売日の初動は5780円/4800円と低めのスタート、
買取価格は発売4日までで一気に下落し、3800円に。

販売価格も徐々に下落してきており、
現在は4880円/3300円となっています。


他店の買取価格はソフマップが2400円、トレーダーが2500円、紙風船が3000円と、
いずれもゲーム博物館よりも安値となっています。
買取価格の相場からして、販売価格は近い内に4000円を切ってくるでしょう。


大石竜子原画の作品といえば、プレミアが付いていた『Forest』が挙げられますが、
今作と雰囲気は似つつも、どうやら価格推移の方は似ることはなさそうです。


関連記事
2016年12月08日 | ライアーソフト | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。