スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

アンラッキーリバース【1/27更新】 ウィザーズコンプレックスOPムービー公開!


アンラッキーリバース 初回限定版
ういんどみる

発売日:2015/10/30
対象期間:2015/10/30~2015/11/25~2016/01/27



2016/01/27
記事投稿から期間が空いたため、更新。


発売から3ヶ月が経過しました。

前回の投稿時に、早くから3000円台に落ちなさそうと予想していましたが見事に外れ、
11月の終わりから12月にかけて、大幅に価格が下落しました。

12月から1月にかけては、3000円台前半での推移が続き、
12/31には最安値となる3180円/2000円を記録しました。

1月中旬に反動で値上がり傾向に転じますが、
ここ数日は再び値下がっていて、現在は3780円/2000円です。


他店の買取価格は紙風船が2000円、トレーダーが1500円、ソフマップが1000円と、
いずれも安めで買取価格が先行して下がり気味です。

販売価格はその内2000円台に突入するでしょう。



さて話は変わりまして、3月発売予定、ういんどみるOasisの新作『ウィザーズコンプレックス』の、
OPムービーが本日公開されました。
佐藤ひろ美とKOTOKOのツインボーカルということで、安定感と懐かしさを感じますね。



平均販売価格:4229円 平均買取価格:2830円







2015/11/25

先月発売された、ういんどみるの新作です。
原画は前作『HHG 女神の終焉』でも起用された、ミヤスリサ、ななせめるちの2名です。


発売翌日に値上がりしましたが、
その後は値下がりが続き、現在4780円/3000円となっています。

一部の作品を除き、値下がりしやすいイメージのあるういんどみる系列の作品にしては、
値下がりペースがやや小さいかなといったところです。
買取価格が先行して下落気味なのは少し気になるところですが。


他店の買取価格はソフマップが3000円とゲーム博物館と同額ですが、
トレーダーが3500円、紙風船が3700円なので、
早くから3000円台まで落ちることは無さそうです。

ただ、批評空間の評価の方が、中央値/平均値=70点/63点と高くないので。
Hyper→Highspeed→Genius』のような高値で推移することは無いでしょう。


評価と過去作の価格推移の傾向を加味すると、いずれ1000円台まで値下がりしそうですが、
春風センセーション!』よりは下落ペースが遅いと思います。


関連記事
2016年01月27日 | ういんどみる | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。