スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

君と恋する学園喫茶 / プレミア価格終了のお知らせ

Reon最新作『君と恋する学園喫茶』応援中!

2017/03/03
発売から約1年3ヶ月になります。
モザイクかけ忘れによるプレミア化が話題になった本作ですが、
ここ1ヶ月半の間で大幅に値下がり、プレミア価格ではなくなってしまいました。


発売後の値上がりで2月には10800円まで上昇しましたが、値下がり傾向に転じ、
3月から5月にかけて6980円で安定しました。

5月から再び値上がり傾向となり、10800円に戻り、
8月から長らくその価格が続いていました。

ところが今年の1月下旬から急激に値下がりしており、
発売直後の価格とほぼ同じくらいの5680円まで下落しています。


他店の販売価格はソフマップが4622円、トレーダーが3680円、紙風船が3542円と、
ゲーム博物館以上に値下がりが進んでいます。
やはりプレミア化は一過性のものだったようですね。



平均販売価格:9346円 平均買取価格:1432円
   発売日:2015/11/27
  対象期間:2015/11/27~2015/12/07~2016/02/14~2017/03/03







2016/02/14

発売から2ヶ月半経過し、現在プレミア価格で販売されています。

ゲーム博物館での販売価格は、12月から比較して、
値下がるどころか逆に値上がりして、プレミア価格と言って良いであろう8980円になりました。
ただ、前回と同じくコムショップの在庫が無いため、参考価格です。

逆に買取価格は2100円と逆に値下がり、より低額になりました。
ここまで販売価格と買取価格の差が付いている作品も珍しいですね。


通販各店を見てみると、
12月時点では、各店在庫が無い状況で、販売停止への配慮も予想されましたが、
現在トレーダーで7980円、駿河屋で8000円にて販売されています。

1月末に秋葉原に行った時には、らしんばんのショーケースで見かけまして、
確か8000円ぐらいで売られていた記憶があります。

このように、8000円を相場として、普通に中古ショップにて販売されているという現状です。


買取価格はトレーダー、紙風船がいずれも4000円と、12月に比べて上昇しており、
通常よりは安価ですが、十分買い取るつもりのある価格設定となっています。



今のところ、パッケージ版再販の話は全く出ておらず、今後も無い可能性が高いでしょう。
パッケージ版の希少価値がある一方、DL版が7800円で販売されているため、
ゲームをプレイするのが困難というわけではありません。
そのため超プレミアにはならないと思いますが、現在のプレミア価格がいつまで続くのか注目です。



2015/12/07

先月発売された、Reonの新作です。
まだ発売から10日しか経っていませんが、本作絡みでのアクセスが多いので投稿です。



このように、12/1夜にReon公式の方から、回収の告知が出ましたが、
ゲーム博物館では5480円だった販売価格が、
12/4に7480円に一気に上昇、本日さらに7980円まで上昇しています。
ただし、コムショップの在庫は無く、あくまでも参考価格といったところです。

一方、買取価格は上昇せず、3000円まで下落しています。
回収でプレミア化するのではないかという噂がちらほら聞こえてきますが、
不確定要素が多すぎるためか、ショップ側は様子見といったところでしょうか。



現在、コムショップ以外の状況としては、
各店全く在庫が無く、事実上通販では流通していないです。
これは売れていて在庫が無いというよりは、回収に配慮して販売を控えているのでしょう。

ただ、例外的に販売されているのが、Amazonのマーケットプレイスで、
新品が23890円。中古が18500円という、定価を大幅に超えた凶悪な価格で販売されています。
ちなみに、ヤフオクには出品されていないようです。
(訂正:アダルトで出品されているのを忘れてました。10000円前後で取引されています。)



なお、各店の買取価格については、
ソフマップが最注目で、なんと買取不可となっています。
買取をしている店舗でもトレーダーが2500円、駿河屋が3000円、紙風船が3500円と、
とりわけ高価買取をしているところはやはりありません。




今後の長期的な値動きについては、

 「君と恋する学園喫茶」回収における値段考察 (極めるは只管な安き事かな 様)

こちらの記事が非常に参考になりまして、
過去の回収された作品を例に、一時の上昇はあれども最終的には元の適正な価格に戻ると予想されています。


私としても、再販されれば普通に落ちてくると思うのですが、
ちょっと気になったのがこのツイート。

再販が無いのであれば、過去に同様の状況でプレミア化した、
ナース肉体改造カルテ ~変態媚肉奴隷開発病棟~』のように高騰する可能性も無きにしも非ずなんでしょうか。

ただ、各店買取に慎重になっているように、
10年前に比べて倫理的な問題に過敏にならざるを得ないと思うので、
そう単純に値上がらないのではないかなとも思います。


何はともあれ、今後の価格相場を見守るべき1作であることには間違いなく、今後も追っていきたいと思います。


関連記事
2017年03月03日 | その他のブランド | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。