スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

はにかみCLOVER / 2000円台後半でひとまず収束

すたじお緑茶『はにかみCLOVER』応援中!

2016/10/26
発売から9ヶ月が経ちました。
投稿から期間が空いたため、久々に更新です。


ここまでの価格推移を振り返ると、
発売後の値下がりは1ヶ月半続き、3月中旬に3415円/2300円で一旦ストップ、
反動で4月には3980円/3000円まで戻りました。

その後値下がり傾向に再び突入し、5月末に最安値となる2380円/1300円を記録しました。
一時的に2000円台前半まで下落しましたが、
6月以降は2000円台後半での推移が続いており、現在2780円/1800円となっています。


ひとまず2000円台後半に収束していますが、
長期的に見ると、今後1年先までに1000円台、数年後に3桁が目安といったところでしょうか。
ちなみに、『祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』は発売3年8ヶ月で3桁を付けました。



平均販売価格:3241円 平均買取価格:2139円
   発売日:2016/01/29
  対象期間:2016/01/29~2016/02/21~2016/10/26







2016/02/21

先月発売された、すたじお緑茶の新作です。
祝福の鐘の音は、桜色の風と共に』以来、3年ぶり以上となるあなぽんラインの作品です。


すたじお緑茶作品の中古価格は、安価になりがちな傾向にありますが、
今作も例に漏れず、発売日直後から値下がりを繰り返し、
現在は3780円/2300円まで下落しています。


他店の買取価格はソフマップとトレーダーが3000円、紙風船が3600円と、
この3店では、未だにいずれも3000円台での買取となっています。


過去作を見てみると、
ラインは違いますが『南十字星恋歌』は発売後の値下がりで1880円/1000円に、
その他の作品も現在は1000円台で販売されているので、
今作も発売後の値下がりで早い内に2000円台までは到達するでしょう。

その後、1000円台も見えて来ると思いますが、
どの位の日数を要するかはまだ様子見が必要といったところです。


関連記事
2016年10月26日 | すたじお緑茶 | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。