スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

キミトユメミシ / 粘りきれず今年中に2000円台へ突入か

laplacian『キミトユメミシ』応援中!

2016/10/25
発売から3ヶ月が経過しました。
発売直後は5000円台後半と高値を維持していましたが、
日数が経つに連れ徐々に値下がりし、本日3000円台に突入しました。


価格推移を振り返ると、記事投稿の数日後から買取価格が急落し、
9月中旬には4000円台後半に、10月の初めには4000円台前半まで下落しました。
そして、本日400円の値下がりによって、3780円/1800円となりました。

この買取価格が続くようであれば、来月中は難しいかもしれませんが、
今年中には2000円台に下落することが予想されます。

ちなみに、先週のトレーダーの通販限定特価では3480円で販売されました。



平均販売価格:5204円 平均買取価格:3569円
   発売日:2016/07/29
  対象期間:2016/07/29~2016/08/16~2016/10/25







2016/08/16

発売日は6480円/5200円でスタートし、
先月発売された、新ブランドLaplacianのデビュー作です。
Laplacianは同人上がりやブランド名の付け替えで生まれたブランドではなく、完全新規のブランドですね。
7月は例の3作品にとりわけ注目が集まりましたが、ダークホースとして頭角を現してきました。


4日後までに5980円/5000円に下落しましたが、そこで早くも値下がりが止まりました。

8/6には値上がりも見せましたが、現在は値上がり前に戻っており、
ここ1週間は5980円/5000円で安定しています。
中古価格の下がりやすい学園物にもかかわらず、高値を維持できています。

他店の買取価格は、ソフマップと紙風船が5000円、トレーダーが4500円です。



そんな高値で推移している本作ですが、課題としてシステム面の不具合が挙がっています。


ゲームエンジンにUnityとUnity用のビジュアルノベルツールである宴が使用されているそうで、
Windowsだけでなく、Macにも対応しています。
その一方で商業エロゲの導入実績が無いため、不具合に繋がってしまっているようです。

マルチプラットフォーム対応という試みは、個人的には面白いと思うのですが、
そもそもエロゲユーザはWindowsマシンをほぼ確実に持っているはずですし、
エロゲをどうしてもプレイしたいMacユーザはBootCampとかVMとかでWindows環境をつくるでしょうし、
Macでエロゲがプレイしたいという層が果たしてどれだけいるのかっていうのは気になるところですよね。


関連記事
2016年10月25日 | その他のブランド | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。