スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

死に逝く君、館に芽吹く憎悪 / 発売から7ヶ月も5000円前後を維持

死に逝く君、館に芽吹く憎悪

2017/02/21
発売から約7ヶ月が経過しましたが、
日数が経っても値崩れせずに5000円前後の中古価格を維持しています。


これまでの最安値は今月のコムの日セールで記録した4356円/3000円で、
それを除くと発売直後に記録した4480円/3300円となっています。

コムの日セールで最安値を記録した後は値上がり傾向となっており、
本日300円値上がりして、最高値タイとなる5480円/3300円まで上昇しています。

ただ買取価格は下落気味で、現在も販売価格と買取価格の差は2180円と大きいです。
他店の販売価格は4000円台後半が相場となっており、5480円はそれに比べると高めです。


最後になりますが、DMMにてしゅがてん!発売記念キャンペーンということで、
2月いっぱいまで本作のダウンロード版が29%オフの4447円で販売中です。
売ることを考えなければ、中古で購入するよりもDL版で購入した方が安くなっています。



平均販売価格:4959円 平均買取価格:3517円
   発売日:2016/07/29
  対象期間:2016/07/29~2016/08/23~2017/02/21







2016/08/23

先月発売された、バグシステムの新作です。
るび様が描く可愛らしい絵と対照的に、グロ・リョナ・スカトロ満載という珍しい作風です。
ミドルプライス帯の作品で、定価は税抜5800円です。


中古価格ですが、発売日以降4000円台後半で推移しており、
現在4980円/3700円となっています。

Getchu.comにて新品で購入する場合、5680円で購入できることを考えると、
かなり高値になっていることがわかります。


他店の買取価格はトレーダーが3700円、ソフマップが3500円、紙風船が3200円と、
ばらつきはあるものの、いずれも3000円台での買取ということで、
今後もしばらくは4000円台での推移が続きそうです。


以前発表した『中古価格が高くなるエロゲのつくりかた』によると、
緊縛・拘束、スカトロ、陵辱、玩具プレイ、露出・羞恥プレイ、SMあたりのPOVが付けられており、
高騰する要素たっぷりなので、値上がりしているのは納得できるところです。


関連記事
2017年02月21日 | クリアレーヴ系列 | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。