スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

ブランド別エロゲ価格相場を読む ~第1回 ういんどみる編~

久々の新企画です。
これまで日々の更新では作品別に価格推移を紹介してきたわけですが、
当ブログも開設からおよそ2年半が経ち、
ブランドごとに価格推移の傾向を分析できるようなデータが最低限揃ってきました。

そこで、本企画ではブランド別に価格推移を紹介し、
各ブランドが持っている、特有の価格推移の傾向を読んでみたいと思います。

初回となる今回紹介するブランドは、ういんどみるです。



ういんどみるOasisの作品も、ういんどみる作品と同様に扱いまして、
2014年以降に発売されたのは4作品です。

留意したいのが、2014年5月に発売された『はぴねす!えもーしょん』で、
この作品はリメイク作品ということで、例外的な推移の仕方をしています。
グラフは掲載しますが、今回はそれを除いた3作品から考えます。



3作品のグラフを見てみると、やはり推移の仕方が似ているような気がします。
発売直後から大幅な下落、発売1ヶ月後で4000円台前半、
2ヶ月後は少し幅がありますが3000円前後、
1年以内では最終的に2000円台前半を軸として、1000円台後半~2000円台後半に収束しています。


アンラッキーリバース』は発売2ヶ月以降比較的高値でしたが、
半年を過ぎてからは『春風センセーション!』と同じような推移となっています。

ウィザーズコンプレックス』はまだ発売から4ヶ月強ですが、
こちらも『春風センセーション!』と似た推移を辿っています。


買い時を読むと、大体半年を目安に底値に到達しているのでそこが1つ。
ただ発売2~3ヶ月で3000円前後まで値下がりするため、そのあたりで購入するというのもありでしょう。


ういんどみるカテゴリの記事一覧



関連記事
2016年09月04日 | ブランド別価格相場を読む | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。