スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

ユウワク スクランブル / 3000円を切るまでは様子見で



先月発売された、MOONSTONE Honeyの2作目です。
原画は前作『お嬢様と秘密の乙女』と同じく日向奈尾、
シナリオは『恋と選挙とチョコレート』のサブライターである藤井和敏がそれぞれ担当しています。


価格ですが、定価が税抜7800円ということで5680円/4500円からのスタートでした。
発売後はここまで値下がりが続いており、現在4280円/2300円まで下落しています。

他店の買取価格はソフマップが3000円、紙風船が2800円、トレーダーが2500円と、
2000円台後半が相場で、ゲーム博物館よりは高めです。


前作は同時期に5780円/4500円だったので、比較すると今作はかなり値下がりが進んでいます。
また、前作の発売後の値下がりは4ヶ月間続き、2980円/2100円まで下落しました。
今作は既に4000円台前半なので、4ヶ月も続かないでしょうが、3000円は切ってくるでしょう。



平均販売価格:4910円 平均買取価格:3424円
   発売日:2016/08/26
  対象期間:2016/08/26~2016/09/15



関連記事
2016年09月15日 | MOONSTONE | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。