スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告 | コメント(-)

こいなか -小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ-【8/5更新】 『こいなかlovers』マスターアップ!

こいなか
こいなか 小田舎で初恋×中出しセクシャルライフ
eRONDO

発売日:2014/06/27
対象期間:2014/06/27~07/06~07/20~09/03~2015/02/04~2015/08/05



2015/08/05
本作FDの『こいなかlovers』マスターアップにつき、更新。


前回更新から半年が経過しました。

8/21に『こいなかlovers』と共に発売される、
本編とFDがセットになった『こいなか completebox』の影響で、現在は値下がり傾向にあります。

3月は7480円/5500円と高値を付けていましたが、
徐々に値下がりが続き、4880円/3400円まで下落しました。

前回更新ではcompletebox発売がまだ未発表だったので、あまり下落しない予想でしたが、
セット作品の発売も視野に入れて予想すべきだったと反省です。

このまま下落が進めば、completeboxを中古で買うのと、
個別に本編とFDを中古で買うのとで同じぐらいの価格になるでしょうか。



さて、タイトルにもあるように、昨日『こいなかlovers』のマスターアップ告知がありました。
発売日は月末金曜日・・・ではなく1週前の8/21ですのでご注意を。


平均販売価格:6674円 平均買取価格:5088円







2015/02/04

発売から7ヶ月強経ち、
どのぐらいの価格で買うのが良いか見えてきました。

現在は6980円ですが、最安値は5980円です。
この価格は初回版ですので、通常版だとマイナス1000円になります。

通販の相場が通常版だと6000円前後です。
通常版は5000円台前半ならば買いでしょう。
4000円台で買えるようにはならないかと。

今ちょうど紙風船の通販で、限定特価として5811円で売られていますが、
特価にしては少し高めです。トレーダーの通常価格が5980円ですし。



さてさて、前回の更新の頃にはFD制作決定の告知がありましたが、
そのFDである『こいなかlovers』の公式サイトが昨日公開されました。

現在はまだプレオープンということで、メインビジュアルのみの公開です。

なお公式ブログによると、延期を防ぐために発売日の公開はなるべく引っ張るとのことです。
延期しないための取り組みは良いことだと思いますが、
予約数や広報にどの位影響が出るのか心配になります。



2014/09/03

発売から2ヶ月が経過しましたが、
現在は上昇していたのが止まった後、少し下がって安定しているところです。
それでも7000円近い価格となっているので、少しずつ下落していくのではないかと思います。

買取価格は結果的に、
発売後すぐに下落した時の販売価格の5980円を越す6400円まで上昇しました。

発売後の底値以上に買取価格が上昇することは、
価格的には成功していることがわかる事象の一つですね。



本作ですが、一昨日更新された公式ブログによるとFDの開発が始まるようです。
正式な情報公開は来年になるようです。発売も2015年内のどこかでしょう。

アペンド形式云々というのは、『らぶらぼHeaven』が発売中止になったことでしょう。
今回はその失敗を糧にまずは発売を、そして良い作品になるといいですね。



2014/07/20

記事投稿から2週間経ちましたが、
なかなかの勢いで価格が上昇しています。


記事投稿の際に価格はそこまで上がらないと言っていたんですが、
高くなっているのは初回ロット版なんですよね。


例えばトレーダーだと、初回ロット版とそれ以外で買取価格が1000円違います。

また、ソフマップの通販では初回ロット版の中古が7980円で売っている一方で、
新品(二次ロットか三次ロット)がそれより僅かに安い7886円で売っていたりもします。


昨日、一昨日あたりから三次ロットが販売されているようです。 これから後発出荷分が売れていく度に、市場の初回ロット版の割合も下がっていくでしょうし、
フルカラーラフイラスト集付の初回ロット版の中古価格については、
これからいっそう価格が上がっていきそうです。


しかし、ゲーム博物館では初回ロット版とそれ以外の区別が無いんですよね・・・。
同じJANコードで発売しているのであれば、
JANコードでページを分けているゲーム博物館のシステム上どうしようもなさそうです。


平均販売価格:6372円
4562408150016.png

平均買取価格:5275円
4562408150016.png


2014/07/06
6月に発売した、三ツ矢新が代表を務めるeRONDOのデビュー作です。
『らぶらぼ』を発売したboleroから独立しての発売ですので、実質『らぶらぼ』が前作ということになります。
まぁ古いところですと、『カナリア』と『グリーングリーン』みたいなもんですかね。


価格ですが、まず買取価格が順調に上昇しています。
これはまだ上がる可能性があるのではないかと思うので、
売るのは様子を見ておいた方が良さそうです。
ただセカンドロットの出荷が始まっているようなので、そこまで大きくは上がらなさそうです。

販売価格も一旦は少し下がりましたが、再び6280円に戻りました。
買取価格が今のままならこちらも上昇していくと思います。


高価格の原因として挙げられるものとしては、
・ 『らぶらぼ』の高価格さ
・ 評価の高さ
・ 初回出荷本数の少なさ

このようなところだと思うのですが、注目したいのが3つ目の出荷本数についてです。
おそらく意図的に初回出荷本数を絞っており、中古市場への出回る量が少なくなっています。

初回出荷本数を絞ることにより、発売日当日、予約分以外の販売機会を損失するリスクはありますが、
評判が良く、中古を買ってもセカンドロット分を買ってもあまり価格に差異が無ければ、
新品で買う人が多いと思うので、トータルで考えればプラスに働くんでしょうね。

売れすぎて販売一時停止的な商売方法と似たようなところがあるのかもしれません。
ただ、評判が悪ければ、セカンドロット分は売れないと思うので、ある意味強気だと思いますけどね。


平均販売価格:6130円
4562408150016.png

平均買取価格:4980円
4562408150016.png
関連記事
2015年08月05日 | その他のブランド | コメント(0)
コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。